【信頼される店長になるには】販売業の店長がすべきこと5選

店長やリーダーとして仕事をしていると、売り上げなどの数字を意識しなければなりませんよね。

でも売り上げは自分一人では作れません。

スタッフとの信頼関係…いわゆる「人間関係」も大切になってきます!

この記事はこんな方におすすめ
  • 店長として働いている
  • スタッフから信頼されるようになりたい
  • 店舗内での人間関係に悩んでいる

店舗の規模によってはスタッフが多くて難しい場合もあるかもしれません。

私が働いていた店舗は、平日は3~4人、休日5~7人ほどが出勤するような規模の店舗でした。

私が店長として人間関係に自信が持てたのは、マネージャーからも「ここの店舗のスタッフはみんな店長のこと悪く言わないし、人間関係が良いから安心」と、異動しても毎回言われてきたからです!

ぷよん
ぷよん

出会うスタッフの方々がみんな良い人だったことも大きいと思いますが、、、

そんな運が良かった私でも心がけていたことはいくつかあります。

今回は私が日常的に意識して行動していたことをお伝えしていくので、店長だったり、上に立つ立場で仕事をしている方は参考にしてみてくださいね!

信頼される店長になる!販売業の店長がやるべき5選

私が特に気を付けていた5つはこちら。

  • 他のスタッフの愚痴を別のスタッフに絶対言わない
  • 多少不安があってもスタッフに仕事を与える
  • 今日の予定をスタッフに事前に直接報告する
  • 「褒めること」と「ありがとう」を忘れない
  • 注意したあとフォローもする(いつまでも引きずらない)

店長って注意したり、時には言いたくないことを言わなければならないこともありますよね。

分かってはいても忙しい時や余裕がない時に疎かになってしまうので、この5つは特に意識して行動していました。

「店長が怖い」「また叱られるかも」そんな思いを持たれていると、なかなか仕事の悩みがあっても相談してもらえず、そのスタッフのモチベーションが下がってしまうことも考えられます。

売り上げを上げるためには、自分が信頼される店長となってスタッフが働きやすい環境を作ることも大切!

スタッフの「スキル」や「やる気」を維持させるためにも信頼関係はとても重要なんですよね。

ぷよん
ぷよん

私が気を付けていたそれぞれの体験談を詳しくお伝えします!

1:他のスタッフの愚痴を別のスタッフに絶対言わない

スタッフが失敗したり何か問題を起こしたときに、それを他のスタッフに愚痴らないこと。

もしかしたら、休憩中や退勤後のオフになった時に世間話のような感覚で話してしまうこともあるかもしれません。

例えば、クレームや問題が起きた場合に、、、

店長
店長

ふぅ~…今日のクレームでAさんがお客様を怒らせて、ほんと大変だったしもう疲れたわ〜!

と、何気なく言っていたり…。

他には「中々成長しないスタッフの愚痴」「仕事中にサボりがちのスタッフの愚痴」「態度に問題があるスタッフの愚痴」だったり…人間なのでイラっとすることだってありますよね。

でも言われたスタッフの子が、「私も失敗した時に別のところで言われているのではないか」と思う可能性もあるので他のスタッフの失敗話をネタにしない方がいいです。

私は、新人スタッフの子に「店長ってスタッフの悪口言わないから信頼できます!前の職場の上司が他のスタッフの悪口言ってきて反応に困るし、みんなに言ってるんだろうなってすごく嫌だったんです…」と言われたことがあります。

悪口のつもりではなくても、スタッフはいい気分にはならないということをこの言葉を聞いて強く感じました。

ぷよん
ぷよん

私は同じくらいの役職である副店長や他店の店長、マネージャーなど上の立場に愚痴るときはありましたが(笑)

ただ、スタッフの愚痴はとことん聞いてあげます!!!

それが別のスタッフへの愚痴なら同調はしませんが、内容によっては「その気持ち分かるよ」と味方してあげることも大切だと思います。

そして、クレームがあった時にスタッフに報告する時は対応方法だけを簡潔に伝えて、誰が失敗したのか晒上げない。

「こういったことがあったので、今後こういう対応でお願いします。誰でもあり得ることだから、今後こうならないようにみんなで気を付けましょうね」など、事実だけを伝えて余計なことは言わないことが大切です!

上司の愚痴をスタッフに言わないことも大切

上司の愚痴をスタッフに言っても、スタッフに上司の悪い印象を植え付けてしまうだけでいいことはありません。

上司への愚痴をどうしても聞いて欲しい場合は、気持ちを分かってくれる副店長や他店店長など、近い役職の人だけにした方が良いです。

私が他店舗にヘルプに行ったときに、そこのスタッフ達がなぜかあまり会うことのないマネージャーをすごく嫌っていたことがありました。

話していると、どうやらその店舗の店長がマネージャーの愚痴をみんなに話していたそうで、会ったことのない新人スタッフまでも良い印象を持っていなかったんです。

店長
店長

ほんとマネージャーってうるさいんだよね、現場を知らないくせしてさ!

こんなことを店長から聞かされていたら、スタッフがそのマネージャーのことを悪い先入観で見てしまい、会った時に必要以上に緊張してしまうこともあるかもしれません。

「マネージャーはこういう言い方すると嫌がるから、もし何か聞かれたりしたらこうやって伝えるといいよ!」など、うまく立ち回れるように教えた方がみんながwinwin!!

2:多少不安があってもスタッフに仕事を与える

「この子に任せていいだろうか…」「自分がやった方が早いしなぁ」と思うこともあるかもしれません。

ぷよん
ぷよん

でも、まずは何か仕事を与えてやらせてみましょう!!

もちろん、やらせっぱなしは絶対NG!

はじめのうちは確認したり、大丈夫かどうか遠くから見守ったりして自分の仕事が多少増えますが、、、

ちゃんとこなせたときは、そのスタッフも自信がつきますし、もしうまくいかない時も解決策を一緒に考えたり手を差し伸べたりして成長させることもできます。

そして、何より「あなたのこと信頼してるから任せてるんだよ」という気持ちが通じることで、逆に信頼してくれるようになります!

店長
店長

ちゃんと任せてくれて、確認してくれたり気にかけられることで段々自分に自信がついてきて信頼関係も築けるんだね!

3:今日の予定をスタッフに事前に直接報告する

私たちのお店は、それぞれの予定をカレンダーのようなものに書いて出勤スタッフが共有し確認できるようにしていましたが、それを敢えて口でも伝えます。

例えば、、、

  • 「今日は何時からメーカーさんとの商談があるので、その間新人の○○さんのサポートよろしくね!」
  • 「○時からミーティングに出るので、その間に○○の仕事お願いします!」

出勤後に予定とその間にしてほしいことなどを伝えるだけですが、その一瞬のやり取りがコミュニケーションの一環に。

ぷよん
ぷよん

終わった後に、何か困ったことなかった?と確認することで、何か小さいことでも相談してくれるようになりますよ!

店長が「商談に行ってきます」「戻りました」だけだと、何か気になったことがあっても「忙しそうだしまた今度でいいか…」と小さい疑問はそのままにしてしまう可能性もあります。

4:「褒めること」と「ありがとう」を忘れない

成果を出したときなどに褒めると思いますが、忘れがちな地味な作業をしてくれたスタッフにも褒めることが効果的。

ぷよん
ぷよん

ストックの整頓をしてくれたなら「見やすくなって作業効率が上がったのは〇〇さんのおかげ!」とか!

もし褒める要素が見つからない場合、こちらから作業や仕事をお願いしておけば、それが終わったら「ありがとう」と言える状況が作れます。

「やって当たり前だし、ありがとうって必要なの?」と感じる人もいるかもしれませんが、私がこれを実践した店舗ではみんながお互いにありがとうを言う環境になって、良い雰囲気を作ることができました。

5:注意したあとフォローもする(いつまでも引きずらない)

店長なので注意することもありますよね。

でも、注意したあとにしばらく話しかけなかったりすると、スタッフから店長に話しかけにくいと感じることもあるかもしれません。

できれば注意したときに「今後はこうしていってほしい」「また頑張ろう」というようなポジティブな言葉で締めくくるのがおすすめ。

いつものトーンでこちらから話しかけたりして、もう注意した件は終わったよ!という雰囲気を出すことで、いつまでも引きずらないようにメリハリをつけることが大切です。

伝えることが苦手な方におすすめのサービスとは?

  • 人を伸ばす仕事の方
  • 部下との関係に悩んでいる方
  • コミュニケーション力を身につけたい方
  • 就職活動中の方、転職を考えている方

このような方にチェックしてほしいですが、それ以外にも、、、

  • 伝え方が上手になりたい方
  • モテたい方
  • 子育て、親、夫婦関係に悩んでいる方
  • 自己肯定感を上げたい方
  • SNSや広告の反応率を上げたい方

という方にもおすすめのサービスです。

苦手な上司・部下の理由と解決策がわかる!伝え方コミュニケーション検定

仕事でもコミュニケーションや伝える力は必要ですが、実は日常生活でもこの力があることで円滑に進むこともあるんです。

「子供との接し方」や「夫婦円満」など、伝え方一つで関係性は良好になりますし、仕事で必要な伝える力を学びながら、同時に日常生活も円滑に過ごせるようになるなんて一石二鳥。

ぷよん
ぷよん

私も店長時代にこうしたサービスを利用して勉強しましたが、普段の生活にも活かされたのであの時やっておいて良かった!

受講料は安くありませんが、仕事でのコミュニケーションも良くなって働きやすくなり、今後の人生がより良い方向に進むなら悩んでいるタイミングで受講する価値は大いにあります。

気になる方はチェックしてみてくださいね!
伝え方コミュニケーション検定

まとめ

スタッフが働きやすい環境を作ることで、必然的に店内の人間関係も良くなって店長として信頼されるようになります。

ぷよん
ぷよん

店長が怖がられていたりすると、店長がいるときは悪い意味でピリピリしていたりせっかく入った新人スタッフが働きにくくすぐ辞めてしまうなど良いことがありません。

後輩に仕事を振るのが心配で自分でやりがちな店長もいますが、それだと自分に余裕がなくなってしまい結局自分の首を苦しめることも…。

人間関係も良くなりスタッフが働きやすい環境になれば、自分も仕事をしやすい環境になりますよ!

小さなことですが、もし「忙しくて最近出来ていなかったかも…」と感じることがあればもう一度意識してみてくださいね!