\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ミセスグリーンアップルの春愁の読み方や意味は?どのアルバムに収録されてる?

この記事は広告を含みます

ミセスグリーンアップルの春愁は、歌詞の中に「春愁」というフレーズは出てきません。

読み方が分からなくて気になりますよね!

春愁は、ボーカルの大森元喜が高校の卒業式の翌日に書き上げただけあって、学生生活のリアルな思いが詰まっていて隠れた名曲と言われているバラードです。

この記事では「春愁」の読み方や意味、どのアルバムに収録されているのかをまとめました。

いろは

それでは早速お伝えしていきますね!

目次

ミセスグリーンアップルの春愁の読み方は?

春愁の読み方は「しゅんしゅう」です。

「愁」という漢字は「しゅう」と読みますよ♪

いろは

秋の下に心の漢字は何?と思ったのは私だけではないはず!

春は、訓読みで「はる」音読みで「しゅん」と読むので、愁の読み方さえ分かったら「しゅんしゅう」と自然に読めますね。

「春愁」の意味は何?

辞書であるデジタル大辞泉によると、春愁の意味は「春の季節に、なんとなくわびしく気持ちがふさぐこと」。

春は新しいスタートや新しい季節でもあり明るいイメージではありますが、そんな時にふと生まれる、もの悲しい気持ちを歌った歌詞になっています。

ミセスの「春愁」の歌詞の意味は?

目次