\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

100万回言えばよかった第3話のネタバレと考察!感想や口コミまとめ

この記事は広告を含みます

ドラマ「100万回言えばよかった」の第2話では、悠依(井上真央)が尾崎莉桜に会いに行く… 悠依は大丈夫なの?!というシーンで終わっていましたよね。

そして第3話ではキーマンとなる尾崎莉桜演じる香里奈さんが初登場!

2020年に佐藤健さんと”恋はつづくよどこまでも”で共演していたことで、ネットでは「恋つづの天童姉弟が共演!?」と話題に。

この記事では、そんな尾崎莉桜も登場した第3話の内容・ネタバレ・考察・感想などをまとめました!

目次

100万回言えばよかった第3話のあらすじ

尾崎莉桜(香里奈)が事件に関わっているかもしれないと考えた直木(佐藤健)と譲(松山ケンイチ)は、莉桜に会おうとする悠依(井上真央)を心配し、急いで悠依のもとに駆けつける。

その後、譲は悠依に直木が殺人事件に関与している可能性があると説明する。しかし悠依は、直木の全てを知ってはいないが決して人を傷つけるような人じゃないと確信しており、真相を突き止めたいと訴える。

事件解決に向けて捜査が進む中、譲は田島(少路勇介)と一緒に直木の父親を訪ねる。そこで直木の過去を聞いた譲は、田島に直木のことを打ち明けようと決意。そんな中、直木の母親が悠依に会いたいと言い出し・・・。

引用:あらすじ|TBSテレビ 金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』

100万回言えばよかった第3話の内容とネタバレは?

「100万回言えばよかった」第3話のストーリーの内容やあらすじを紹介します!

待ち合わせのカフェで尾崎莉桜と会えなかった

魚住は悠依から「これから尾崎莉桜と会う」と連絡が入り、直木と共に急いで待ち合わせのカフェへ向かっていた。

その頃、悠依が尾崎莉桜と会うためにカフェで待っていたら「ハチドリ」のオーナーである英介が現れた

悠依と英介が話しているのを外から見ていた女性はそのまま立ち去ってしまう。

英介が帰ったあとに直木と魚住がカフェに到着。

結局、待ち合わせのカフェに莉桜は来なかった。

悠依が防犯カメラの映像を見る

魚住が直木の件で話があると言って、高原涼香が住んでいたマンションの防犯カメラの映像を悠依に見せた。

悠依は直木以外に見覚えのある人物はいなかった

直木が事件に関わっている可能性があると伝えられたが、悠依は直木がそんなことをするわけがないと信じているので真相をつきとめたいと願った。

幽霊の先輩である黄色いダウンジャケットの男性に会う

幽霊の先輩に「彼女(悠依)と意思疎通が取りたい」と相談。

すると壁を通り抜ける方法や、幽霊仕草というものを教えてくれた。

樋口は息を吹きかけて張り紙を揺らしたりすることができたが、直木も同じように真似をしてみるがなかなかできない。

お互いの自己紹介をし、男性の名前が樋口だと知った。

直木は樋口に、魚住の体に乗り移った時の話をして「何がきっかけで乗り移れるんですか?」と聞いたが「乗り移るなんて無理でしょ!」と言われてしまった。

悠依が働く美容院に新規の女性客が訪れる

お客さんであるその女性と世間話をしている中で、以前も会ったことがある気がした。

女性に「どこかでお会いしていませんか?」と聞いたが「いいえ」と否定されてしまった。

魚住と直木と3人で食事をする

直木は壁のすり抜けを魚住に披露。

その後、お腹が空いたので、悠依の提案で生姜焼きを作ることに。

お皿は3人前用意されているが直木の分は減らない。

そんなとき、直木に初めて手料理を作ったときのことを思い出していた。

プロに料理を作るので感想が気になる悠依。

直木は「うまい」と言って悠依にキスをし、幸せそうな二人。

生姜焼きを食べ終わったあと、食器を片付けながら「どう考えても直木の方が辛いはず。本当は悔しくて、寂しくて、怖いと思う。そんな辛い気持ちを少しでも軽くしてあげたい」と魚住に話す悠依。

直木は寝ていたはずでしたが、実は起きていてその話を聞いていた。

幽霊が見える事はあり得るのかと宋に聞く

前回の検診の結果を聞きに、悠依は宋の病院へ。

検査結果は異状なしだったが、幽霊が見えることはありえるのかと相談。

「幽霊が見える事はあり得ること。しかし人間の脳が起こす幻覚であり実際には幽霊は存在しない」と答えられた。

魚住は宋の亡くなった夫そっくりだった

病院からの帰り、悠依は宋とばったり病院内で出会いそのままお茶をすることに。

そこで、宋から前回病院で見かけた魚住のことを聞かれた悠依。

「事情があって知り合った警察官の方」と答えると、宋は「亡くなった旦那さんに似ていたから幽霊かと思った」と。

直木は父親との関係が良くない

直木について調べるために、魚住は警察の田島と直木の父親に会いに行った。

父親から直木との関係が良くないこと、直木の弟には思い病気があったことを聞いた。

父親は直木が行方不明だと聞いても心配したりしておらず、冷たい態度。

直木はその姿を直樹は同じ部屋で見つめていた。

防犯カメラに映っていた女性が尾崎莉桜と気づいた

悠依は、どこかで見たことのあったお客さんを防犯カメラに映っていた女性だと気づく

魚住に連絡し、もう一度防犯カメラの映像を見た悠依は「この女性が尾崎莉桜だと思う」と話す。

尾崎莉桜は石岡美也子と名乗っていた

警察の調べで高原涼香が連絡を取り合っていた通話記録から、「石岡エステート」の営業用携帯の持ち主が尾崎莉桜であることが分かった。

そして尾崎莉桜は、石岡エステートの創業者である石岡清治郎の内縁の妻で石岡美也子と名乗っていることも分かった。

参考人として聴取するために、石岡清治郎の家を訪ねたが「美也子は2週間ほど帰ってきていない」とのこと。

相続をすべての相続を放棄する代わりにいつでも自由にしてほしいと言われていたため、いなくなったとしても仕方がないと清治郎は話した。

直木の母親から警察に連絡が入る

直樹の母親から警察に連絡があって、悠依と話がしたいと連絡があった。

悠依と直木は、お互いの家族について何も聞いていなかったが、魚住が間に入って悠依と直木の気持ちを確認。

悠依は直木の母に会うことを決めた。

直木の弟は血液の病気で直木が骨髄移植に協力していた

悠依は直木の母から、直木の居場所について知っていることがあれば教えて欲しいと言われる。

「直木の居場所がどうしても知りたい」と。

そして直木の弟の病気について聞いた。

直木の弟である拓海が血液の病気になり骨髄移植が必要で、その適合率が1番高いのが直樹だった。

そのため直木は拓海のドナーとなった。

しかし、直木の父親と母親は拓海の骨髄移植のことで夫婦喧嘩が絶えない。

直木が父親に「みんなギリギリ踏ん張ってるのに、父親が一番弱いじゃん。拓海を見殺しにして楽になりたいならそう言えよ」と言ったことで父上に暴力をふるわれてしまった。

その後、父親は直木に暴力をふるうようになってしまい、直木は「里親制度というものがあるから同意してほしい」と母親にお願いした。

直木は離れて暮らしていても、母親にだけは連絡先を教えていて、拓海が17歳で再発した時も移植に応じていた。

母親から直木に連絡したのはその時だけ。

拓海の病気には直樹の血液が必要だったので、母親は直木の居場所を知っておきたかった。

悠依が「直木はもう亡くなっているかもしれません」と伝えると、母親は「拓海の病気がまた再発したらどうしよう…」と拓海のことしか考えていなかった。

そして母親は帰り、魚住も立ち去った。

その場に直木と悠依だけが残っていた。

家族の事情を知った悠依は見えない直木に気持ちを伝える

悠依は直木に話しかけた。

「直木そこにいる?

あなたの声は聞こえないでも私は伝えられるあなたのことが好きです。

この世界で1番、大好きです。好きになったところがいっぱいある。

ただ好き。あなたがいれば楽しいし嬉しい。

あなたは悲しいと胸がつぶれる位悲しい。

何回でも言う。

私はあなたが好き私は伝えられるから言う返事なんかいらない。

あなたが大好きです。理由なんかない」

それを聞いた直木は「悠依に見えなくて良かった~」と空を見上げて号泣した。

100万回言えばよかった第3話の感想

この回は、直木の家族の話を知って胸が締め付けられましたね…。

弟のことばかり大切にして、両親からの愛情を感じることができなかった直木。

でも、悠依からの気持ちを聞いて号泣する直木とともに涙しました。。。

みんなの第3話感想や口コミ

100万回言えばよかった第3話の考察

宋先生が魚住を見て「ウソでしょ」と言っていた理由も分りましたね。

幽霊として宋の旦那さんも今後登場して、直木と接触するのか…?

魚住が直木を見えることも何か関係しているのか…?

第2話までの考察

  • 犯人は誰?
  • 直木は実は死んでいない?
  • 魚住と宋の関係は?

などなど気になることが多くて今後も目を離せませんね!

まとめ

金曜ドラマ「100万回言えばよかった」の考察やネタバレや口コミなどを紹介しました。

直木は今後どうなるのか?犯人は誰なのも気になりますよね。

いろは

今後の展開も目が離せません!

第一話で直木が悠依に作ったハンバーグの作り方はこちらの記事にまとめているので、気になる方はチェックしてみてくださいね▼

目次